« 彼岸花満開 | トップページ | 散歩道の風景 »

2011年10月 6日 (木)

Macintoshとの出会い

Steve Jobs亡くなってしまったんですね。
初めてMacに触れたのはもうかれこれ20年ほど前になるのかな。最初はまだMacintoshという名前になる前の、確かAppleⅡとかいうマシンを見てそのバカ高い値段に驚いた記憶があるが、その後数年して当時は和製PCでワープロや表計算を使っていたのだが、ある雑誌に載っていたMacintoshの紹介を見て、それまでの黒い画面に白や緑の文字で表示されるのがパソコンの画面では普通だったのが、Macintoshの場合は紙に文字を書くごとく、画面の背景が白で文字は黒という今では極当たり前のことに驚愕したものです。しかもMacは高いという当時の常識を覆す値段でそのマシンは売られていた。確か20万円程度だったが、今でこそパソコンが10万円以下で買えるようになっているが当時は20万円というとかなり安い値段で、しかもMacがその値段というのは信じられないことだった。ClassicⅡという一体型でモニターも9インチといういたって小ぶりな可愛らしいそのマシン、もう夢にまで出てくるぐらいで居ても立ってもいられず、なけなしのへそくり貯金をはたいて購入したのを覚えている。
それから約20年、Jobsにはいろんな夢や楽しみを与えてもらいました。
Appleが一時期Jobsがいなくなった時のような暗黒時代に戻らないことを祈念してます。
ありがとう、Jobs・・・

|

« 彼岸花満開 | トップページ | 散歩道の風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123317/52926736

この記事へのトラックバック一覧です: Macintoshとの出会い:

« 彼岸花満開 | トップページ | 散歩道の風景 »